休日でもスムーズにお金を借りるための手順とは?

土日・祝日にカードローンの即日融資でお金を借りる方法として、よくあるのが無人契約機にいく事ですが、ちょっとまってください。
その前に慌てずネットから申込みをします。少し面倒かもしれません。

ただし、これには時間があって遅くとも夜の8時くらいまでに済ませておきましょう。そうしないと翌日になってしまい、在籍確認(審査)にすらたどり着けなくなってしまいます。

また、特定の口座(会社により異なります)を持っていれば、即日融資してもらえます。外に出たくないという人は、ネット上で申込みを全て完結させることも可能です。ただし、休日も対応している銀行の口座が必須になります。

最後の砦と言えるのが「在籍確認」で電話がかかってきます。
つまり、「あなたにはちゃんとした収入があって返す当てがあるか」聞いてくるわけです。

ただし勤務先も休みだった場合これができません。
この場合は事前に相談しておき、保険証や給与明細を提出することで在籍確認を取れる場合があります。
これさえ済めばようやく融資してもらえます。

以上のように、計画的に順序立てていく事でスムーズにいくでしょう。急ぎの場合も多いでしょうが慌ててはいけません、一つずつこなしていけば間違いありません。無人契約機に行くのは最後の最後でよいのです。

専業主婦がお金を借りるときの注意点とは?

専業主婦がお金を借りるには、みんながみんな簡単には借りることはできません。仕事をしていないため選択肢は狭く、借りるためのハードルはとても高いとは思います。

でも、もし緊急時に必要になった場合にはどのような方法でお金を借りることができるのかについてお話しできたらと思います。

自分自身に収入がない専業主婦の場合では、貸金業者のローンやキャッシングを利用することはできません。そのために、基本的には専業主婦が申込みをすることができるのは、銀行が取り扱うローンであれば利用することが出来ます。

理由は、ローンやキャッシングに関してはある程度の収入がないと借りれないような規則があるためです。

しかし、銀行のカードローンに関しては、専業主婦ではなく、配偶者の安定した収入がある人に関しては、専業主婦でもカードローンの申し込みをすることが出来るようになっています。

また、即日カードローンを申し込みしたい方は、三つのことを守る必要があります。一つ目は収入証明書不要のカードローンを選ぶこと、二つ目は申し込み額はそこまで高額にならないようにすること、三つ目は、銀行口座があるのであれば、大手銀行カードローンを利用することで申請してお金を借りやすくなります。

■専業主婦の方がカードローンを利用するなら、イオン銀行カードローンがおすすめです。

銀行カードローンと消費者金融、お金を借りやすいのは?

銀行と消費者金融の大きな違いは貸金業法の総量規制の対象になるかならないかです。

銀行は銀行法によって規制されており貸金業法の適応外となるため、年収の1/3以上の貸付禁止の規制が適用されず、場合によってはそれ以上の貸し付けをすることが可能です。

そのため、消費者金融で借りられない人が銀行の審査に通ることもあります。極端な例では、資産はあるが収入がない人は消費者金融の審査は通らないが銀行カードローンの審査は通るなどがあります。

なお、銀行カードローンの審査には銀行との取引や安定収入、不動産など審査に必要な有効情報が必要となり、消費者金融の審査と比較しハードルは高くなります。

消費者金融の審査は過去の遅延状況に問題がなく借入額が年収の1/3未満であれば審査はさほど難しくありません。

金利は100万未満の借入で、銀行は取引状況などで変化しますが14~16%程度、消費者金融は信用状況により変動と記載していますがほとんどが18%程度です。大手消費者金融はほとんどが銀行の傘下にあります。銀行は不良債権を増やしたくないため通常は消費者金融で貸付し、優良顧客のみを銀行のカードローンに取り込みたいというのが本音のようです。

給与振り込みや公共料金の支払いなど銀行取引がある人などは金利の安い銀行カードローン、借入総額が年収の1/3以下で多少金利は高くても即日交付や応対などの利便性を求めるなら消費者金融を選択するといいと思います。

■カードローン以外の方法をお探しなら、お金を借りるが参考になります。

土日・祝日にカードローンの即日融資でお金を借りる方法

現在、土日や祝日でも即日融資に対応しているのは大手消費者金融や一部の中堅消費者金融になっています。

しかし、即日融資に対応している大手消費者金融でも契約方法や借入方法に注意しなければ、即日融資を受けることができません。

現在ではWEB完結契約が主流となり、無人契約機まで足を運ばなくても契約から借り入れまで行うことができます。振り込み融資サービスを利用すれば、ローンカードを受け取ることなく、その場に居ながら借り入れはできるものの、消費者金融によっては土日や祝日でも振り込み融資に対応していない銀行が多いといった問題があります。

そこで、ローンカードを受け取ることなく、即日でお金を借りる際には開設している銀行口座が土日や祝日でも振込で融資を受けられるかを確認することが重要です。そして、振り込み融資に対応していない場合は、ローンカードを無人契約機から受け取るといった方法を選択する必要があります。

また、土日や祝日の場合、WEB申し込みでは順番待ちとなるケースがあります。そこで、WEB申し込みを行い消費者金融の営業開始時間に無人契約機に足を運ぶ方法が短時間で契約できるものとなります。無人契約機の場合、実質的には対面での対応となり、優先的に審査を受けることができます。そのため、急いでいる際には時間短縮の方法として有効になっています。